管理栄養士 食べ物と健康 23-51 

管理栄養士 食べ物と健康 23-51 

23-51  フードマイレージに関する記述である。正しいのはどれか。

  • (1) フードマイレージとは、食料の輸送距離に輸送時間を乗じた値である。
  • (2) 現在のところ、我が国のフードマイレージは諸外国と比べ著しく低い。
  • (3) フードマイレージの増加は、地球温暖化の抑制につながる。
  • (4) 地産地消は、フードマイレージの減少につながる。
  • (5) 食品廃棄物の飼料化、肥料化の促進により、フードマイレージは減少する。
 
参照 管理栄養士受験資格

解説 (1) × フードマイレージとは、食料の輸送量(輸入量)〈t〉と国内輸送を含まない輸送距離〈km〉を乗じたものである。
(2) × 2001年では、人口1人当たりのフードマイレージは日本が7,093tkm(トンキロメートル)/人であるのに対し、韓国は6,637tkm/人、アメ リカは1,051tkm/人、イギリスは3,195tkm/人、フランスは1,738tkm/人、ドイツは2,090tkm/人であり、諸外国と比べて我 が国のフードマイレージは著しく高い状態である。
(3) × 食料を輸送するためには、ガソリンなどのエネルギーが必要である。フードマイレージが増加するということは、生産地から食卓までの距離が長い食料が多く食 べられているということを表す。このことは、輸送に伴う環境への負荷が大きくなるということを表すため、地球温暖化の促進につながる。
(4) ○ 地産地消とは、地域でつくられたものをその地域で食べるということである。
(5) × 食品廃棄物の飼料化、肥料化の促進は、フードマイレージの減少につながらない。
解答 (4)

 

新着ページ